野鳥の詩(メアリー・オリバー作)-Wild Geese by Mary Oliver

善良でなくてもいい

膝をつき、悔恨の念にかられながら、
砂漠の中を彷徨い続けなくてもいい

e0191389_1155336.jpg


ただあなたのその柔らかな肉体が
愛するものを思いのまま愛することを
許してあげよう

あなたが体験した失望について教えてほしい
私のはなしも、あなたに聞いてほしい

e0191389_11585886.jpg


私たちがそうしている間も時は止まらず

降り注ぐ太陽も透明な雨雫も
大地を渡り
草原や森林を越え
山々と河を横断する

そして澄んだ青い空には
野鳥がまた巣に帰るため飛んでいる

e0191389_1201375.jpg



あなたが誰であっても、どんなに淋しくても、
地球はあなたの想像次第

野鳥のように、甲高く心たぎるような声で、
絶えずあなたに呼びかけている
あなたが今ここに存在していることを教えてくれている

e0191389_1214121.jpg


原文(Original Poem):

You do not have to be good.

You do not have to walk on your knees

for a hundred miles through the desert, repenting.

You only have to let the soft animal of your body 
love what it loves.

Tell me about despair, yours, and I will tell you mine.

Meanwhile the world goes on.

Meanwhile the sun and the clear pebbles of the rain

are moving across the landscapes,

over the prairies and the deep trees,

the mountains and the rivers.

Meanwhile the wild geese, high in the clean blue air,

are heading home again.

Whoever you are, no matter how lonely,

the world offers itself to your imagination,

calls to you like the wild geese, harsh and exciting–

over and over announcing your place 
in the family of things.


一編の詩が特効薬になるときもある。
Sometimes, all you need is a good poem.

by yummybunny | 2012-07-22 12:36 | Think - 考える
<< 38&32 Honeymoon in Tu... >>